<初出一覧>
3/17以降、twitterでつぶやいた短歌の初出一覧です。

 ※1「枡野浩一のかんたん短歌blog」投稿採用作品
 ※2「題詠blog2008」投稿作品
 ※3「土曜の夜はケータイ短歌」投稿作品





笑っても泣いてもきょうで最後ならいずれにしてもあすは最初だ※1
君を待つときは2度目の本を読む うわのそらでも平気なように※1
初めての待ち合わせだから目印にその場でいちばん浮かれています※1
呼ぶために息を吸うから「呼吸」なら呼べる誰かに生かされている
きみの住む街からなにも届けない風がようやく吹きはじめそう
あれ以来乗ってなかった自転車とその荷台にも春がきました※3
愛なんてわからないけどおにぎりは誰かに作ってもらうと旨い※1
壁あてがキャッチボールになった夏 ふたりで食べるパピコはうまい※2
ドラマほどドラマチックじゃなくていい あしたまぐれできみにあいたい※2
利き腕じゃないほうの手で投げ返す 愛ってなんかそういう感じ
なんだっていいから自信が持ちたくて毛糸洗いをアクロンでする※1
隠してるつもりの箱に気づかないふりをしている誕生日です
この先の人生において二番目によい一年でありますように※1
自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった※1
嘘っぽい青さがいやだ 雲ひとつないにもほどがあるきょうの空※1
雨の日はスミ一色で描かれた『ドラえもん』を読む 青を補給する※1
守ってるのは信号ではないなにか 車一台見えない道で※2
野球、嘘、捨てゼリフ、駄々、体位、UNO 全部ひとりの部屋で覚えた※1
君とした「ひみつ道具でどれが好き?」みたいな話ばかり思い出す※1
わかるなよあなたにわかるかなしみはあなたのものでぼくのではない※1
[PR]
by satoshi_ise | 2011-03-21 19:38 | 短歌 | Comments(0)
<< ボブが来た 僕おもが100回! >>