「かなしみ」を振り返る
 我ながら懐かしいので、これからしばらくは、以前投稿した短歌を振り返ってみようと考えてます。
 まずは、4月の「かなしみ」から。

 「悲しみは私語を慎み〜」の短歌にコメントをもらった時点から、ずっと短歌を考えて過ごす年になってしまいました。必然のような、偶然のような。
 「伊勢さんの〜」の短歌のときには、枡野さんから絶妙な改作のススメがあって「作品の着地点」について、考えさせられました。

 枡野さんのコメントはとにかく的確で、褒めていても、厳しくても必ず「裏コメント」が隠されている気がしています。



===4月「かなしみ」===

<コメントをいただいた短歌>
悲しみは私語を慎み腕を組み少し離れて眺めるものだ
伊勢さんの伊勢さんによる伊勢さんのための悲しみなのに悲しい
東には青を置くのがいいらしいから寝室に悲しみを置く
……で話って? 悲しいことがあったって? うどんが煮えてきたからあとで
わかるなよ あなたにわかるかなしみはあなたのものでぼくのではない

<未コメント短歌>
■悲しみをわかろうとすることがまた悲しみを生むグルグルピエロ
■誰かのと比べてみるまで気づけない相対的に僕はかなしい
■悲しみの理由はみんなおんなじで悲しいことが悲しい理由
■哀しいと可笑しいはほぼ同じ意味だからピエロの頬には涙

[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-27 02:01 | 短歌 | Comments(0)
<< かなしみ(その2)改 その他短歌 >>