「恋」を振り返る
 恋は……印象が薄いです。
 自分の短歌もパッとしない。

  ■今回も自分で掘った恋に落ち ふられて助かる結末でした

 これは……ダメ?……ですね。



===10月「恋」===
<コメントをいただいた短歌>
恋をしなければ気づかなかったけど自分の鼻の形がイヤだ


<未コメント短歌>
■恋だった 彼女のことが好きだった 自分のことが大好きだった
■性懲りもなくまた誰かに恋をするタネや仕掛けがよくわからない
■すこやかにもほどがある日は4年前やめたタバコが無性に恋しい
■痛まずにふられるすべを覚えたら恋が上手になったと祝おう
■出してない手紙は捨てずに取っておく なかったことにしている恋の
■恋人に送った手紙を読んでいる ひとりになってしまった部屋で
■「ゆ」の文字がどうしてもうまく書けなくて恋の手紙をきょうも出せない
■今回も自分で掘った恋に落ち ふられて助かる結末でした
■湿り気を含んだ音がしないから愛ではなくて恋な気がする

[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-29 17:04 | 短歌 | Comments(0)
<< 恋(Last)改 「ドラえもん」を振り返る >>