NHKラジオ投稿作品(題:おとな)
本日、「こんな夜にはケータイ短歌」というラジオ番組が放送されました。今回は、天野慶さんと川嶋あいさんがゲストでした。題は「おとな」。

全滅でしたが、せっかくなので掲載します。



■おとなとはうつむいて歩く僕のこと 好きといえない僕たちのこと
■おとななら「なつかしい」って言い換える もう戻れないとわかってるから
 →子供には戻れないからおとなだけなつかしいって思うのでしょう
■子供っぽい大人と大人びた子供 似ているようでまるで別です
■止まらない時間がアイスを溶かしてる きみをおとなに作り替えてる
■「ここからがおとな」っていう境い目があれば後悔できるのだけど
■その当時「おとなになればわかる」って言われたことがまだわからない
[PR]
by satoshi_ise | 2005-01-10 23:18 | 短歌 | Comments(2)
Commented by 伊勢谷小枝子 at 2005-01-12 20:23 x
「投稿された歌」のところに載っていますね。
おとななら・・・の短歌は、改作前のほうが好きです。

上の(11日付の)、「はじめまして」の短歌もいいですね。
22日、はじめましての嵐に巻き込まれましょう。
Commented by satoshi_ise at 2005-01-12 22:33
伊勢谷さん
「投稿された歌」のところに載ってました。
>おとななら・・・の短歌は、改作前のほうが好きです。
改作後の方が、過不足なく言いたいことを言えている気がしたのですが、改作後はなんというか……かわいげがないですね。

22日はきっと今年最初にして最大の「はじめまして」の嵐になります。
そしてみなさんに「はじめまして」と言い終わったら、力つきてしまいそうです。
楽しみにしています。
<< お題以外の短歌 おもちゃ(なぞなぞ短歌) >>