おもちゃ(その6)
人になる前のオモチャの人形がモラトリアムを決め込んでいる(伊勢悟史)
[PR]
by satoshi_ise | 2005-01-16 00:30 | 短歌 | Comments(4)
Commented by tundok at 2005-01-16 19:11
ええと、なかなか人間になれません、辻一郎です。
今回ちょっと(すごく)みっともないことになってしまいましたが、
新年会ではよろしくお願いします。
伊勢さん(仁尾さん)、五行歌も端正だなあ、と思いました。
Commented by satoshi_ise at 2005-01-16 20:29
辻さん
>ええと、なかなか人間になれません
僕はすでにあきらめました。うまく真っ当な人間になれませんでした。
真っ当でない人間として人生を全うしたいと思います。(だじゃれ?)

新年会、結構な大人数ですよね……。
はいぶろーな文学談義はおろか、ほとんど人に会わない生活をしているので、普通に会話するのもかなり難しい僕ですが、楽しみにしています。こちらこそくれぐれもよろしくお願いいたします。

>伊勢さん(仁尾さん)、五行歌も端正だなあ、と思いました。
『言箱(コトバコ)』も観ていただいてしまったようで、ありがとうございました。
五行歌、端正かなぁ……。五行歌は、決まりごとがゆるやかな分、歌もゆるくなりがちなのが、悩みです。
Commented by tundok at 2005-01-16 23:28
伊勢さんの端正さというのは、31文字に対する端正さ、と理解していたのですが、五行歌でもやっぱり同じ印象を受けました。
言葉の正確さ、ということかもしれません。
決まりごとがゆるい方が難しいということ、納得です。比べられるレベルじゃないですけど、僕も散文書くより短歌考える方が肩の力が抜けるところがあって。(←定型に甘えているのか。。)

>真っ当でない人間として人生を全うしたいと思います。
なんか一筋の光がさしました。ありがとうございます。
Commented by satoshi_ise at 2005-01-17 17:46
辻さん
>決まりごとがゆるい方が難しいということ、納得です。
決まりごとがゆるい方が難しい、というか、短歌と五行歌って、難しさが別物な感じです。どう別物なのかをうまく説明できないのですが、どちらにも「難しさ」は感じるし、どちらも今は楽しいです。

まだ先だと思っていたら、もう今週末ですね……。へこむ会。
僕は本当にへこんで帰ってきそうです。うまく話せなかったり、つまらないことを言ってしまったりで。
<< おもちゃ(その7)未投稿 おもちゃ(その5) >>