猫短歌30首連作「ネコノイル」(改訂版)
猫の日なので、猫の短歌の連作を掲載します。

下記は、以前発表した連作「ネコノイル」を一部改訂して、
猫写真投稿雑誌『ネコまる』の2011年冬号で発表したものです。



「ネコノイル」(仁尾智)

いい人と思われそうでも まあ いいや いまからねこのはなしをします



捨て猫が鳴いていました 鳴くこともできなくなった猫の隣で

見て見ないふりをしてたら死んでいた猫じゃなければ見なかったかな

猫が増え消臭グッズも増え続け普通の匂いがもうわからない

里親を探すつもりの猫の名は「1」 愛着がわかないように

去勢して軟禁している猫たちに癒されたりして申し訳ない

窓際に五匹の猫が並んでる 「るるるるる」って見えなくもない

縁側に猫が寝ている家にいてもう戻れないくらいに平和



一階におりていけない猫といて きょうは仕事をサボる気がする

空腹だ 猫のえさしかないけれど 猫のえさならある 空腹だ

掃除機が苦手な猫のせいにして昼寝にしたい掃除当番

なにもかも見透かした目で僕を見る猫の前ではうまく笑える

名を呼ぶと尻尾で答える猫がいる 妻を呼んでも答えちゃうけど

盛り上がりそうなときにもベッドには猫が寝ていてなごんでしぼむ

右に妻 左には壁 胸に猫 枕元に猫 股ぐらに猫



植えたてのネギでじゃれてる そういえば猫という字はけものへんに苗

あの塀にいつもの猫が来なくなり きょうもいつもの塀だけがある

ノラなのに人なつっこい おそらくは過去に名前で呼ばれてた猫

もう猫がいない実家のキッチンの猫のうつわに残るカリカリ

無愛想な義父が乗る軽自動車のボンネットには猫の足あと

「あげないよ」って顔で振り向く野良猫の口に丸ごとちくわ一本

猫じゃないことを確認されながらまた轢かれていく車道の軍手



食卓の上まではもう跳べなくて見上げる猫と食う一夜干し

美しい猫の背中をなでている僕の猫背は美しくない

なでられている猫よりもなでている僕こそ喉が鳴っちゃいそうだ

乳を押すしぐさで眠る 母親の乳をふくんだことのない猫

猫が寝て一番さまになる場所が妻のひざだと認めていない

目もあいてなかった猫が哀愁を背中で語るまでの年月

「この家はどうだ?」と猫に聞いてみる 何も言わないのをいいことに



帰るたび「どなたですか?」と嗅ぎにくる猫と十年暮らしています

(『ネコまる』2011年冬号)

[PR]
by satoshi_ise | 2013-02-22 18:30 | 短歌 | Comments(10)
Commented by ひまらやん at 2013-02-26 02:40 x
言箱をさがして
ここにきました
仁尾さんの名前を見て
何故だか涙が出ました
ミルキーちゃんがいないと知って
もう一度泣きました
10年以上前の自分のハンドルネームも思い出せませんが
仁尾さんや猫ちゃん達が幸せでありますようにと
心からお祈りしております
Commented by satoshi_ise at 2013-02-26 21:39
ひまらやんさま
わー、「言箱」の頃の……。
思い出していただき、本当にありがとうございます。
ミルキーは2年半前に割と急なことでした。
「言箱」の頃は、ミルキーとくうの2匹だけだったのが、
今は10匹います。

今は、twitter(@s_nio)を中心に諸々発表しています。
あ、「言箱」のページ、いま公開しています。
よろしければ、どうぞ。我ながら懐かしいです。
http://park5.wakwak.com/~nio/
Commented by ひまらやん at 2013-02-27 00:41 x
ありがとうございます。
言箱
本当に懐かしいです。
ゆっくりゆっくり読みたいです。
携帯からしか読めない環境なのですが…
mixiくらいから解らないくらいネット音痴になりました。

『ほんのりあなご味』という言葉を何故だか忘れられずにいます。
日記だったのでしょうか。

自分のことは忘れたくて忘れたわけではありませんが
ブーケの絵を描いた記憶しかありません。
Commented by satoshi_ise at 2013-02-27 09:59
ほんのりあなご味……。
なんだろう……思い出せません。
ブーケの絵を……。
それもうまく思い出せません……。すみません。
Commented by ひまらやん at 2013-02-27 15:34 x
日記の01.03.26/vol.158【オーブントースター】でした。
そして『ほんのりアナゴ風味』でした。

私もイロイロ思い出せません。
でも言箱に来るたび『ほっ』としていた感覚は覚えていました。

本当にありがとうございました。

うちの猫は二十歳になります。
オムツをはいた頑固じいちゃんです。
ゴハンを食べても食べても『わしゃ食っとらん!』と言います。
何を言ってもかわいいです。
Commented by satoshi_ise at 2013-02-27 21:17
ホントですね……。アナゴ風味……。
『言箱』は、とてもおだやかな常連さんに支えられていたサイトだと思います。こちらこそ、ありがとうございました。

二十歳ですか!
素晴らしいです。何を言ってもかわいいですよね。
すごくわかります。
Commented by kazuchan at 2013-12-26 09:58 x
はじめまして!タマタマたどり着きました。ツボにはまりました。私も仁尾さんのような歌が読みたいです。
twitterをフォローさせていただきました。
私が詠んだ歌でいまのとこ一番気に入ってるのは、
「草の香や ひげをなでてく風の色 僕は世界を知ってしまった」です。
初めて家の外に脱走し、一晩外泊したときのことを詠んでみました。
それにしても、「うすうすは気づいてたけど数撃って当たるのは下手じゃない人だけだ」という歌を読んで、激しく自己嫌悪になりました。ははは(笑)
Commented by satoshi_ise at 2013-12-27 10:42
kazuchanさん
はじめまして。たまたま見つけていただき感謝!
twitterでのフォローも感謝です。
短歌、難しくて「常に頭の中にうまくはまらないジグソーパズルがいくつもある」イメージです。
そのせいで気が晴れないのに、逃れられない、というか。
しかもいろいろうすうす気づいているという……。
もうずっと自己嫌悪です。
Commented by kazuchan at 2013-12-29 17:21 x
仁尾様
返信ありがとうございます!
私は、自己流でたまに短歌を作って遊んでいるのですが、「常に頭の中にうまくはまらないジグソーパズルがいくつもある」という感覚にはとても共感します。 うまく言葉の尻尾をつかまえられず詠みたいのに詠み切れずに終わってしまったときは、未練も残るし、悔しくてしかたないです(笑)
仁尾さんの短歌は、情景がすっと浮かぶし、気持ちがすごく素直に詠まれているし、クスリと笑えるし、センスが今風なので大好きです。また新しい作品を読ませていただくのを楽しみにしています。
Commented by satoshi_ise at 2013-12-31 17:33
kazuchanさん
ありがとうございます。
もう少しコンスタントに短歌ができればいいのですが、これはもう仕様なので、仕方ない、とあきらめています。
<< 2013年2月(02-004) 猫短歌5首連作「泣くわけがない」 >>