嘘(その1)
さよならを告げるあなたの口角は嘘をつくときの形だったのに(仁尾智)

嘘をつくときの口調でさよならを告げられてから音沙汰がない



この場合、いたいのは

1.嘘だと思ってノホホンとしていたこと
2.これまで「嘘をつくときの口角の形」だと信じていた形がそうではなかったこと
  =嘘だと思ってたことが実は嘘ではなかったこと

の2つです。

リズムが悪いのだけれど、動かしがたい。
一度投稿します。
[PR]
by satoshi_ise | 2005-03-26 01:36 | 短歌 | Comments(0)
<< 嘘(その2)未投稿 お題以外の短歌 >>