連作 傘はもう進化をやめた(全七首)
本当はいない海洋生物の名を考えて終わった きょうも

笑っちゃうほど笑えない日もあってバカも休み休みしか言えない

入ってた袋のほうでじゃれる猫 僕の選んだおもちゃをよそに

猫の毛を気にせず黒い服を着てソファーに座れる日なんて来るな

ケンタッキーフライドチキンを食べているときだけ猫が愛してくれる

おたがいに猫優先のこの家に子はないけれどかすがいだらけ

右肩は傘をさしても濡れていく 自分の場所がよくわからない


―『NHK短歌』(5月号)「ジセダイタンカ」より―
[PR]
by satoshi_ise | 2013-06-22 07:01 | 短歌 | Comments(0)
<< 2013年6月(06-002) 父のこと >>