ドラえもん2(その6)
「このドアがあればいつでもどこへでもいける」ときょうも家から出ない(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2005-05-08 01:46 | 短歌 | Comments(7)
Commented by tundok at 2005-05-08 17:10
すごくありそうな話だと思いました。リアル。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-08 23:32
どこでもドアを入手したら、僕はまさにこんな感じだと思う。
入手後、南極とかマチュピチュとかひととおり行ってからは、「いつでもいけることの安心感」にかまけて、どこへも行かなくなる感じ。
Commented by 松陽 at 2005-05-09 11:46 x
もし家にどこでもドアがあったなら世界の料理食べ歩きたい(松陽)

食べ尽くしたら、いちばん美味しい国に移住。おそらく日本。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-10 08:47
>食べ尽くしたら、いちばん美味しい国に移住。
どこでもドアがあれば、移住しなくてもいい気がする……。
Commented by 花音 at 2005-05-13 10:01 x
どこでもドアが手に入ったら
潰れるトコ多いだろうなー。
旅行会社とか
航空会社とか

それも困る?
Commented by satoshi_ise at 2005-05-13 20:58
花音さん
どこでもドアが流通したら、自動車やインターネットよりはるかに大きな影響があると思います。
確かに既存の運搬・交通業界は、存在意義がなくなる気がするけれど、その分新しい産業がうまれる気がします。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-20 12:23
枡野さんから下記のコメントをいただきました。
===============================
未来は全員がひきこもり。
===============================
<< ドラえもん2(その7) モノの値段と生産効率 >>