ドラえもん2(その8)
合い鍵を渡すくらいじゃ伝わらない プレゼントにはどこでもドアを(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2005-05-15 22:24 | 短歌 | Comments(8)
Commented by 文月 at 2005-05-16 10:56 x
だからどこでもドアの値段が気になっていたのですね。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-16 19:30
会いにゆく新幹線で考える どこでもドアっていくらなんだろう(伊勢悟史)

のことですね。渋いところを引っ張ってきてくれてありがとう。
お金がかかって仕方なかったのです。遠くに住んでいる人と付き合うと。
Commented by 文月 at 2005-05-16 21:27 x
あっでも、どこでもドアがプレゼントだと、恋人は違う人の家にも気軽に行けてしまいすね。
やっぱり合い鍵の方がいいのかもしれない。お金もかからないし。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-16 22:02
> あっでも、どこでもドアがプレゼントだと、恋人は違う人の家にも気軽に行けてしまいすね。

それをあえてプレゼントするところに、「合い鍵では伝わらない気持ち」が隠されているのだと思います。
Commented by 文月 at 2005-05-16 22:32 x
なんだか大人な世界ですね……。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-17 08:45
逆に子供っぽい心理なのかもしれません。
「自分があげたどこでもドアで違う人の部屋になんか行くわけがない」という根拠のない信用のしかたが。
Commented by 松陽 at 2005-05-18 14:42 x
そこまでするなら一緒に住めよ、とツッコミを入れてみたり。
Commented by satoshi_ise at 2005-05-18 19:09
未来ではどこでもドアすらもどかしいカップルだけが同居している(仁尾智)

……らしいです。
だから未来でどこでもドアをプレゼントするということは、今で言うと、「一緒に住もう」ってことなんだと思います。
<< ドラえもん2(その9) ドラえもん2(その7) >>