雨(その1)未投稿
天気雨 雨やどりするひげの人のひげの先に光る雨粒(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2005-06-06 12:42 | 短歌 | Comments(3)
Commented by satoshi_ise at 2005-06-07 13:22
我ながら意味がわからないです。
Commented by オカザキなを at 2005-06-08 14:18 x
人のひげ、じゃなくて、ひげの人のひげ、って書いたのはわざと?

どんどん風景がクローズアップしていく短歌は楽しいけど、先にひげの人って入るとそれがぶれるような感じがしたとですよ。
Commented by satoshi_ise at 2005-06-08 18:03
「ひげの人のひげ」はわざとです。
オカザキさんの言うとおり「クローズアップされていくさま」を短歌にしたんだけれど、ひげの人は遠くから見た段階で「ひげの人」と認識しちゃうと思うから、素直に書いてみました。

>ぶれるような感じ
この「ぶれる」というか「かぶる」というか、予定調和じゃない感じがありかなーって思ったんだけれども、なしでしたね。
<< 雨(その2) トークイベント感想 >>