短歌バトン
 このたび、篠田算さんがムチャな企画をはじめました。その名も「短歌バトン」。篠田算さんから歌人扱いされたことに浮かれつつ、飛んで火に入ろうかと思います。

□ 短歌を始めたきっかけを教えてください。

 元々、五行歌を作っていたところ、「かんたん短歌blog」を知って力試し(?)的に作りはじめたのが最初。

□ 好きな歌人がいれば教えてください。

 枡野浩一

□ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。

 「このネコをさがして」という貼り紙がノッポの俺の腰の高さに(枡野浩一)

 僕が「枡野浩一」という歌人をきちんと認識するきっかけになった短歌です。「ほぼ日刊イトイ新聞」の「あしたには消えてる歌」という枡野さんのコーナーでたまたま見つけたのが最初。
 自分で短歌を作るとき、いつもこの短歌が理想型としてある気がします。

 下駄箱にあの子の名前がもうなくて ひとり足りない野球をしてる(出石正比古)

 土砂降りの夜のメールでとんでいく 僕という字は下僕の僕だ(佐々木あらら)

 “Re:林家ペーがいた”って件名のみじかいメールが告げるお別れ(宇都宮敦)

□ あなたにとって短歌とはなんですか?

 (ツボにはまるとびっくりするくらい遠くまで届くことがあるという噂の)扱いの難しい投石機。

□ バトンを渡す3人の歌人。

 百田さん英田さん藤矢さんの同一沿線組。(元も含む)
 皆さん、お元気ですか?

 あと、あららくん
 「気分はまだ非公開」中なので、無視してくれてもいいです。
 個人的に「佐々木あららの好きな短歌3首」に興味があるだけなので。
[PR]
by satoshi_ise | 2005-07-02 23:33 | 日記 | Comments(13)
Commented by 藤矢朝子 at 2005-07-03 00:09 x
短歌バトンを見て回ってこなかったらちょっとさびしいかも、
って思って仁尾さんの記事をみたら自分の名前が!
び、び、びっくりです。
一晩考えさせてください。とくに好きな3首のところ。
Commented by satoshi_ise at 2005-07-03 00:18
藤矢さん
ごぶさたぶりです。
び、び、びっくりさせてすみません。
僕も篠田算さんにび、び、びっくりさせられた1人です。
よろしくお願いいたします。
Commented by 松陽 at 2005-07-03 08:49 x
投石機って言葉にびっくりしました。
びよーんって飛ぶのね。
Commented by satoshi_ise at 2005-07-03 10:13
「びよーんって飛ぶ」というか「びよーんって飛ばすための道具」が短歌なイメージ。
でも扱いが難しくて、これまでちゃんとびよーんって飛んだ試しがないのがつらいところです。
Commented by 松陽 at 2005-07-03 11:00 x
わかってますがな 投石「機」でしょ
飛ばすのは思いでしょ

でも伊勢さんの短歌は 飛んでくる石というより
置いてある石
手に取ると 胸の中に すとん と落ちてくるイメージ。

Commented by satoshi_ise at 2005-07-03 11:43
>飛ばすのは思いでしょ
そうそう。

>置いてある石
ああ、それは遠くに飛ばし損ねて、ぼてっと落ちちゃった石です。
時折親切な方が手に取ってくれるので、また次の石をいそいそと準備したりしています。
Commented by 天国ななお at 2005-07-03 14:21 x
孫の天国ななおです。
いざ次の人に送ろうと思ったら、すでに松陽さんと仁尾さんに送られいるのを発見、慌てて違う人に愛を送ることにしたのは、私です。

うん、仁尾さんはそこに置いてある石っぽい、とっても。
で、つい拾い上げて裏を見てしまう、そんな感じ。

傷は治りましたか?
Commented by satoshi_ise at 2005-07-03 20:17
天国さん
>うん、仁尾さんはそこに置いてある石っぽい、とっても。
それは遠くに飛ばし損ねて、ぼてっと落ちちゃった石です。(リフレイン)
置いたというより、落ちちゃった石。

>で、つい拾い上げて裏を見てしまう、そんな感じ。
ナメクジとかゲジゲジとかくっついてたりする訳ですな。

傷は癒えました。そろそろ次の転倒時期に入ります。
Commented by 百田きりん at 2005-07-04 01:49 x
回答させていただきました!ありがとうございました。
短歌のことを考えるすてきなきっかけでした。
それにしてもすごい勢いで回ってますね。バトンくるくる……。

投石機。びよーんって飛んだ試しがないなんて、うそだー。
ちゃんと遠くまで届いてますよ。
Commented by satoshi_ise at 2005-07-04 11:13
百田さん
回答お疲れさま。
すごい勢いでまわっていますな。
企画者が篠田算さんであることが、この勢いと大いに関係していると推測します。

>投石機。びよーんって飛んだ試しがないなんて、うそだー。
>ちゃんと遠くまで届いてますよ。
ありがとう。
きっと投石機の本来の性能からは、ほど遠いんだと思うのだ。
もっと短歌を使い切りたい。もっと世界を好きになりたい。
Commented by stoff at 2005-07-04 14:11
こんにちは。仁尾さんありがとうございました!
企画者が僕であることはあまり関係なく、ミュージカルバトンの
整地した道を走りやすいタイミングのうちにリレーを始められた
のが良かったのだと思います。人のを読むのが面白くてグルグル
回ってて、目が回りました。仁尾さんの短歌は投石機で石以外の
ものを投げている感じで飛距離はあると思います。やわらかい。
Commented by 英田柚有子 at 2005-07-04 22:51 x
仁尾さんご無沙汰してます。
思いがけずバトンをいただいて、嬉しかったです。
引越してから気分的に短歌から遠ざかり気味だったのですが、
引き戻された感じ、いろいろ考えて楽しかったです。
ありがとうございました。
あと、仁尾さんのお気に入り短歌残り2首が知りたい!
Commented by satoshi_ise at 2005-07-05 10:34
算さん
>企画者が僕であることはあまり関係なく、ミュージカルバトンの
>整地した道を走りやすいタイミングのうちにリレーを始められた
>のが良かったのだと思います。
やんちゃなだけじゃなくて、こういう分析をサラリとできてしまうところが魅力なのだろう。算さんのブログや文章の雰囲気は、ときにフレンドリーだったり、ときに近寄りがたかったり。謎めいてます。

>仁尾さんの短歌は投石機で石以外の
>ものを投げている感じで飛距離はあると思います。やわらかい。
ちゃんと本来の機能通り、石も投げたい……。
大福ばかりじゃ胸焼けするし。

英田さん
おひさしゅう。西のかをりはどうですか?
もう恋ができないようにした猫はお元気ですか。
僕も、もう恋ができないようにした猫5匹と暮らしています。元気でいます。今月のテーマは「猫」です。

>あと、仁尾さんのお気に入り短歌残り2首が知りたい!
今実家で、通信環境も割とノロノロなので、家に帰ってから書きます。
<< 猫(その1) 雨(その6) >>