猫(その16)改
口下手な僕にください やすらぐと喉が鳴っちゃう猫のしくみを(仁尾智)

やすらぐとうっかり喉が鳴る猫のしくみが僕にあればいいのに
[PR]
by satoshi_ise | 2005-07-25 08:39 | 短歌 | Comments(12)
Commented by 槇野 てる at 2005-07-29 00:45 x
すごく感情移入してしまいました。素直な気持ちを伝えるのが苦手なので、とても切なくなってしまって。すごく好きです。
同じ言葉を使ってるはずなのに、こんなに人の気持を動かす短歌というのが、手の届かない存在で、憧れです。
Commented by satoshi_ise at 2005-07-29 01:26
槇野さん
コメントありがとうございます。
>手の届かない存在で、憧れです。
言いすぎです。
ちなみに僕の憧れは、やすらぐとうっかり喉が鳴っちゃう猫です。
猫の喉は、なんだか幸せな音で、最強のしくみだと思う。
Commented by 松陽 at 2005-07-29 10:06 x
仁尾さんの猫短歌を見てると、
なんだか猫が好きになれそうな気がしてくるよお。
(飼ったこともないし慣れてないので、ちょっと苦手なのだ)
Commented by satoshi_ise at 2005-07-29 23:39
猫はいいぞー。
……とはいえ、たまたま家にいるのが猫であるだけで、犬だったら犬はいいって思うだろうし、ワニだったらワニはいいって思う気がします。
Commented by あきこ at 2005-07-31 21:44 x
猫はいいですよ〜。
わたしは、猫と暮らし始める前から猫が好きなのですが、
猫のことを知れば知るほど
「猫好きで良かった〜」って思います。
Commented by satoshi_ise at 2005-07-31 23:46
あきこさん
猫はいいですよねー。
猫と暮らすと、細かいことがどうでもいいような気になってくる気がするのだけれど、それが本当に猫と暮らしているからかどうかは微妙なところです。
Commented by 松陽 at 2005-08-05 10:32 x
昨日の夜、小道でねころぶ猫を見て
心の底からきゅんとしたニャ。

ところで仁尾さんは
今度の金銀トークショー、行く?
Commented by satoshi_ise at 2005-08-06 00:19
猫はいいよねー。見ているといろんなことがどうでもよくなるところが偉大だと思う。
7日のトークショー、行きたいのだけれど、今回はちょっと難しそうです。
Commented by 松陽 at 2005-08-07 09:02 x
うん、その瞬間、何かを忘れられます。

7日、いないのかあ。残念。また何かの機会に遊ぼニャ。
Commented by satoshi_ise at 2005-08-08 02:14
トークショー、いかがでしたか?
こちらこそ何かの機会に遊んでやってください。
Commented by マツヨウ at 2005-08-08 14:24 x
トークショー、
途中帰宅になっちゃったけど、楽しかったですよ。
離婚話が少なかったせいか、
なんだかいつも以上にほのぼのと楽しめました。

ああ、猫屋敷に行きたい。
Commented by satoshi_ise at 2005-08-08 22:06
途中までって、ちょっとせつないですね……。
それが楽しい時間であったのならなおさら。
>ああ、猫屋敷に行きたい。
ウチは遠いぞー。
<< 猫(その17) 猫(その15) >>