シモネタ(その5)
拒まれたらやめるつもりで恐る恐るだったゆうべが嘘みたいな晴れ(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2005-10-21 18:16 | 短歌 | Comments(2)
Commented by satoshi_ise at 2005-10-21 23:46
「~晴れ」が、木村比呂くんの

階段をチヨコレイトでのぼったら 眞鍋かをりを思い出す晴れ (木村比呂)

とかぶり気味。
Commented by satoshi_ise at 2005-10-27 17:10
枡野さんより下記のコメントをいただきました。
ありがとうございました。
=====================
 これは言おうとしてることはわかります。
 後半、もたついてない?
=====================
6・7・6・7・8なので、全体的にもたもたしていますが、今のところ、いちばんしっくりきている言い回しです。
もう一度考えてみます。
せめて、最後は7で終わりたい……。
<< 連作「やらないでおく」(仁尾智) お題以外の短歌 >>