焼肉1
かなしみに似つかわしくない夕食にしたくてタレで頼む牛タン(仁尾智)

かなしみに似つかわしくない夕食にしたくてきょうも焼肉だった

かなしみに似つかわしくない焼肉をきょうも食べたくなるような日々
[PR]
by satoshi_ise | 2006-01-02 22:44 | 短歌 | Comments(2)
Commented by big_giraffe at 2006-01-07 23:44
はじめてコメントさせていただきます大木凛です。
この記事とは関係ない話ですが、昨夜録画していた
「眠れない夜はケータイ短歌」を観ました。
多分一年以上前に録ったものですが…
その中で仁尾さんと思われる名前を見たので
思わずコメントさせていただいています。
枡野さんのブログの以前の記事を読んだばかりだったので
「あれっ」と思わず知り合いの名前を見たかのようでした(笑
勝手に盛り上がってますが、もし違っていたらごめんなさい。
Commented by satoshi_ise at 2006-01-08 18:59
大木さん
コメント、ありがたいです。はじめまして。
「ケータイ短歌」、以前はちょこちょこ投稿していたので、それは間違いなく僕だと思います。
一度番組(ラジオの)にも投稿者として、お邪魔したことがあります。
……一言も話さなかったけれど。
僕もかんたん短歌blogで見たことがあるお名前を違うところで見つけると、なんだか変に盛り上がります。
これからもよろしくお願いいたします。
<< 焼肉2 付け句(よい一年でありますように) >>