バレンタイン短歌(その7)
2月14日は浮き足立ってこそ正しい男子 あてなどなくても(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2006-02-02 17:29 | 短歌 | Comments(4)
Commented by アッキー at 2006-02-12 13:58 x
はじめまして!『ストライプ』だいぶ以前に買って読んで感心していたのですが、短歌もなさるのですね!ううっ、短歌もいいわぁ。時々日経新聞なんかで紹介されているのを読んで、新しい感覚の短歌もいいけど、でもねぇと思っていたのですが、やっぱり、短歌でもこんなことができるのですね!特にこのうたはステキだと感心しました。ちょいと大日本帝国男子風かも?
Commented by satoshi_ise at 2006-02-12 22:22
アッキーさん
はじめまして。仁尾といいます。
『ストライプ』、ご購入感謝。
最近は短歌の方をメインに書いてみています。
ここにある短歌はほとんど「かんたん短歌blog」に投稿しています。
一度、「かんたん短歌blog」に投稿されている他の方々の短歌を追っかけてみることをおすすめします。
面白い短歌がいっぱいありますよ。
Commented by まこぴん at 2006-02-14 02:10 x
バレンタインデーですね。

OL時代、職場の男性陣への義理チョコを買うのに、できるだけ安くてできるだけ大きく見えるのを探して渡してました。そんなのでも一応喜んでくれてたことを思うと、ちょっと申し訳なかったような気がします。

我が家では、ケーキでも焼こうかと思っています。
Commented by satoshi_ise at 2006-02-14 08:40
まこぴんさん
義理とはいえ、人数が多くなると財布がつらいですよね……。きっと。

バレンタインデーはいつの間にか「夫婦で少し贅沢なチョコレートを味わう日」になっています。
ケーキ、いいなー。
<< ダ・ヴィンチ バレンタイン短歌(その6) >>