カテゴリ:その他( 26 )
エレベーター(2003.09.13)
 たぶん、僕を助けてくれた彼女は、誰だったのだろう。

More
[PR]
by satoshi_ise | 2008-12-14 16:22 | その他 | Comments(3)
夏合宿
 もうずっと前、ノストラダムスの恐怖の大王がこの世界を襲う予定だった直前に書いたもの。「言箱」という自サイトに掲載していた。大幅に直したいけれど、少しだけ手直し。
 いまだに夢に出てくるくらい、ずっと引っかかっているのだから、中学時代とは僕にとって、特別な何かだったのだと思う。
 きょうで夏休みも終わります。ゆく夏を惜しむ意味で再掲。

夏合宿
[PR]
by satoshi_ise | 2008-08-31 16:53 | その他 | Comments(0)
読み方違います
「(仁尾智)にお・さとし」ではなく「(仁尾智)にお・さとる」です。
お手数おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
ドラえもん短歌本、楽しみです。

More
[PR]
by satoshi_ise | 2005-07-20 09:22 | その他 | Comments(0)
ドラえもん短歌記念品!
以前、ドラえもん短歌のときに、下記の短歌が入賞したのです。

 ●自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった

本日、その記念品のブックカバーが届きました。

More
[PR]
by satoshi_ise | 2005-02-03 22:01 | その他 | Comments(20)
1文字あき、入れてください。
わかるなよ あなたにわかるかなしみはあなたのものでぼくのではない(伊勢悟史)
 ↑
わかるなよあなたにわかるかなしみはあなたのものでぼくのではない

自分の作品ながら、少し懐かしい感じです。
当時は、1文字あきもない方が「グダグダした能書き感」が出ている気がして、あえて1文字あけていませんでした。
……が、今見ると「グダグダした能書き感」よりも読みにくさの方が気になります。

したがって、枡野さんが言われているように、「わかるなよ」のあとに1文字あきを入れたものを最終形とします。
お手数おかけしてすみません。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-14 00:41 | その他 | Comments(2)
推薦文案(3)
はじめはほんの出来心でした。友だちに誘われて軽いノリで。でもいつのまにかやめられなくなっていました。最近は考えごとが七五調になったり、無意識に指を折って文字数を数えたり……。普通の生活に戻りたいです。▼伊勢悟史(36歳/男/かんたん短歌blog常習者)

More
[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-05 13:53 | その他 | Comments(2)
推薦文案(2)
『かんたん短歌blog』の活用法
1.お題に沿った短歌を作り、『かんたん短歌blog』にトラックバックする。
2.落ち着かない日々を過ごす。
3.金曜日の夜あたりに『かんたん短歌blog』を覗いてみる。
4.枡野さんからコメントをもらえたりもらえなかったりする。
5.以降、満足するまで操作1〜4をくり返す。
こんな感じで楽しめます。▼伊勢悟史(36歳/男)

More
[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-05 12:01 | その他 | Comments(0)
推薦文案(1)
容疑者A「ちょっとした出来心です。ええむろんこれが最初で前科なしです。もう二度と手を出さないと誓うから、今回だけは見逃してくれ」
刑事「……常習者だな。全部七五調になってる。連れていけ」
『かんたん短歌blog』は、クセになります。▼伊勢悟史(36歳/男)

More
[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-05 11:45 | その他 | Comments(5)
好きな短歌トラックバック
「独断と偏見で」という前置きはまるで何かのまじないみたい(伊勢悟史)

改)「独断と偏見で」という前置きで許されようとしている何か(伊勢悟史)

……と、いうわけで、独断と偏見で「ああ、すごく好きだ」と思った短歌を挙げてしまおうかと。
辻さんに引き続き。

More
[PR]
by satoshi_ise | 2004-11-30 20:05 | その他 | Comments(4)
本のデザイン
『もう頬づえをついてもいいですか?』(実業之日本社)が好きです。
(かんたん短歌blogの単行本向きではないと思うけれど。)

判型や表紙まわりの点描画がとてもかわいい。
(持っている方は、カバーを一度外して、表紙の点描画も要確認!)
点描画の図柄の選び方にもスキがないし。

表紙まわりのみカラーで、中身がすべてモノクロという構成は、本編が始まると暗くなり、終わると照明がともる映画館のようです。

※上記とほぼ同じ文章を「本(その1)」にくっつけていました。
 ……が、気づかれない可能性が非常に高いので、改めて別の記事としてトラックバックします。
[PR]
by satoshi_ise | 2004-11-03 16:52 | その他 | Comments(0)