夢(その5)
一歩目を踏み出したくていつだって「ゆめ」の前には「あ」をつけて読む(伊勢悟史)



……ちょっと苦しい。
踏み出せない自分に命令するように「ゆめ」の前には「あ」をつけて読む
……リズム崩れすぎ。
「歩め!」って自分に命令するように「ゆめ」の前には「あ」をつけて読む
……説明しすぎ。
[PR]
by satoshi_ise | 2004-12-04 03:02 | 短歌
<< 推薦文案(1) 夢(その4) >>