お別れ短歌(その1)
くるはずのバスをひとりで待っている僕であるかのような水色(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2006-06-08 08:20 | 短歌
<< お別れ短歌(その2) 「タンタカタンカ」2周年記念記... >>