ある歌会に提出した短歌
きみの住む街からなにも届けない風がようやく吹きはじめそう(仁尾智)
[PR]
by satoshi_ise | 2006-06-29 12:39 | 短歌
<< 7/1「土曜の夜はケータイ短歌」 お別れ短歌(その5) >>